人気ブログランキング |

JNKsystem.com 

jnksystem.exblog.jp ブログトップ

A STORY



A STORY


オモローな話。


長いよ!


わたくし風呂上がりに冷えたビールでもと思い近くのコンビニに言ってたわけですよ。
コンビニの前の複雑な交差点の信号待ちをしてたわけですよ。
いわゆる六角交差点なわけですよ。
交通量そこそこ多い交差点なわけですよ。
そこには信号待ちをしてる男女がいたわけですよ。
でもよく見ると密着しすぎてるわけですよ。
顔と顔が密着しすぎてるわけですよ。
接吻なわけですよ。
横には倒れた自転車があるわけですよ。
まさに戦いは今始まった!みたいな感じですよ。

わたくし信号変わって渡れるにもかかわらず見入ってしまうわけです。
「君たちよそでやりなさい!」この言葉が喉元まで来た時に男性のライトアームがライトアームが女性の股間身(股間+下半身の造語、広辞苑より抜粋)に「するり」と伸びたわけですよ。
その「するり」ときたらそれはもう当たり前のように、最初からそうなるように決まってたかのように、またはタイガーウッズのチップインバーディーのような「するり」なわけですよ。
もうスカートなんてめくり上がるぐらいの勢いで男性のライトアームは優しく時に激しく動き出したわけですよ。

もう一回言っときますけど六角ですよ!人も車もまだ行き来してる時間なわけですよ。
わたくしそんな彼のマジックハンドに目を奪われ目線が下に下にとやられていたわけですよ。
ふと目線をあ上げるとさっきまでキスしてたのに事もあろうかこのミラクールボーイ、女性の首筋にチュッチュチュッチュと…
女性、あさっての方を向きつつも首筋だけは無防備にこのミラクルボーイに差し出しているわけですよ。
しかもそこそこベッピンさんなわけですよ。
ボクシングで言うとこの、「下を見せて上を打て、上を見せて下を打て。」なわけですよ。
完全にこのボーイの術中にはめられ振り打ちさせられてたわけですよ。
やるなボーイ。

「ここからは全体を見させてもらうぜ!」と思ったわけですよ。
しかしここまでやれば通行人も立ち止まって見入るわけで、ボーイの動きに食い入るように見入るオーディエンスはそこそこの数になるわけですよ。
ボーイもやはり人の子、さすがにマズイと思ったのでしょうその場から女性と立ち去ってしまったわけですよ。
「あらら、も少し楽しませろよ!」というオーディエンスの心の声がわたくしには聞こえてきたたわけですよ。
後ろ髪引かれる思いでコンビニで買い物を済ませ帰路についてると、「イター!!!!!」
さっきのとこから10mほど進んだとこにいたわけですよ。
しかし、しかし今度は二人とも抱き合ったままピクリとも動いてないわけですよ。
ここでわたくし歩くスピードが極端に遅くなり、しまいには立ち止まって見てたんですがまったく動かないわけですよ。
ここでわたくし「こりゃ~もう進展はね~な」と思い帰宅したわけですよ。
でも気になって気になって…


そんなわけです。
by jnksystem | 2009-05-02 16:46 | Entertainment
line

Special occasion - a sence of occasion -


by jnksystem
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31