JNKsystem.com 

jnksystem.exblog.jp ブログトップ

9.11 N.Y.同時多発テロ衝撃の真実 DVD



9.11 N.Y.同時多発テロ衝撃の真実
DVD



a0118453_19572552.jpg


2001年9月11日、2機の飛行機が貿易センタービルに激突。米国はもちろん、世界中が衝撃を受けた事件を追ったドキュメンタリー作品。その日、仏人・ジュール&ギデオン兄弟は新人消防士のドキュメンタリーを作るつもりだったのだが、事態は一変し・・・。

このドキュメント、とてもリアリティーがあって刺激が強いです。

が、見てほしいです。








当時の日本



以下、日本における報道については日本時間を使用する。現地時間(アメリカ東部夏時間)は、日本時間から13時間を引いて算出して下さい。

2001年9月11日は台風15号と台風16号が関東地方と沖縄を襲い、多くの被害をもたらしたため、テロ発生までのニュース番組はこの話題一色となっていた。22時ごろ、「ニューヨークの世界貿易センタービルに航空機が激突(1機目のアメリカン航空11便)」という情報が、各局のニュース番組またはニュース速報で伝えられ始めた。22時から始まった「NHKニュース10(NHK総合)」でも、冒頭のヘッドラインは台風の話題だった。しかし、カメラの前に登場したキャスターが発した最初のニュースは台風ではなく、このテロの第一報だった。

第一報を伝えるニュースの画面に映し出されたのは「炎上するビル」の第一報であり、「事故」なのか「事件」なのかは明らかでなかった。1機目激突の瞬間を捉えた報道機関のカメラはなく、フランス人カメラマンが撮影した映像は翌日まで放送されなかった。ただ、NHKニュース10に出演していたコメンテーターは、晴天時での不可思議な激突状況からか2機目突入前からテロの可能性を指摘していた。CNNでも同じような理由からテロの可能性が指摘されていたが、同時に、1945年7月28日にエンパイアステートビルにアメリカ陸軍のB-25爆撃機が衝突した事故を例に挙げ、操縦ミスによる突発的な事故である可能性も指摘していた(なお、1945年の事故のときは深い霧が出ていた)。また、この時点で「激突した航空機は小型の双発機」であるとの情報が報道されていたが、「小型」の根拠や、「双発機」という語の解説がなされないなど、情報が錯綜していた。

直後の22時3分、2機目のユナイテッド航空175便がツインタワーのもう1つ(南棟)に突入。アメリカのテレビ局の映像を使い生放送を行っていたNHKニュース10では、この瞬間が生中継された。映像では、画面右側から飛行機が現れ、燃え上がる北棟の真後ろに隠れるように見えた。北棟の真後ろには南棟があった。数秒の後、南棟を襲った巨大な爆発によって炎と黒煙が上がる様子が映し出された。南棟が北棟に隠れていたため画面を通して見れば1機目の激突で炎上する北棟が2度目の大爆発を起こしたように見え、NHKの支局の報道者は単に「今、また爆発がありました」と伝えた。この認識は一部の視聴者も同様であったが、アナウンサーが「あっ!今、2機目の飛行機が突入したように見えましたが!?」と聞き返したことにより、中継を見ていた視聴者は事の重大性かつ異常性を認識するに至った。この映像は数日の間、何度となく繰り返された。

ニュースステーションではCNNの映像をそのまま放送しており、1機目激突後の時点ではまだ事故と考えられていたため、ニュースステーションでは1機目の激突により炎上する北棟の映像を暫く流した後、台風関連のニュースを伝えていた。この間に2機目の突入が起こったため、突入の瞬間は生放映されなかった。しかしすぐに再びWTC関連のニュースに切り替えられた。尚、この時メインキャスターの久米宏は夏季休養中であり、進行は渡辺真理が務めた。

22時20分頃、NHKは「旅客機がビルに激突したとみられる」と伝えた。22時30分、フロリダ州の小学校を訪れていたブッシュ大統領が記者会見で「明らかなテロ」と発言した。22時45分頃、「ペンタゴン(国防総省)が炎上」というニュースが各局で伝えられ、ニューヨークとワシントンの一連の事件は「同時多発テロ」であるとの見方が固まった。間もなく炎上するペンタゴンの映像も放送され、爆発・火災の原因が3機目の旅客機の可能性があると伝えられた。旅客機がハイジャックされていたという現地メディアの報道も国内に伝えられ始めた。

各ニュース番組では、2つの台風や、前日の千葉県における狂牛病疑惑の牛発見など、放送予定だった他のニュースより優先して、ニューヨーク・ワシントンとの中継映像が放送され続けた。時間(事件の拡大)とともに民放各社も次々に通常番組を打ち切り、臨時ニュースの放送を開始した。TBS系列は22時37分、放送中の毎日放送制作ジャングルTV 〜タモリの法則〜を途中で打ち切り、筑紫哲也ニュース23を前倒しで開始。フジテレビではドラマウソコイ最終回を放送中だったが、番組の途中でニュースを何度か流した後、ドラマ終了直前から報道特番を開始した。


世界貿易センタービルが崩壊した直後23時過ぎ、世界貿易センタービルの一つが崩壊したと報道され(南棟)、23時半過ぎにはビルの両方が崩壊したと報道された(北棟)。NHKではどちらもワシントンと中継を結んでいる間に崩壊が起こり、崩壊の映像は中継されなかった。しかし間もなく、巨大な超高層ビルが次々に崩壊し、膨大な瓦礫と化してマンハッタン南部が炎と煙で覆われるという衝撃的な映像が全国に報道された。23時40分頃、4機目(ユナイテッド航空93便)がペンシルベニア州西部に墜落したというニュースが伝えられた。NHKのアナウンサーは次々と起こる惨劇を報道する中で「信じられないような映像をご覧いたただいていますけれど、これは現実の映像です。」と発言した。

日本のほとんどのメディアは徹夜でニュースを伝え続け、深夜のCMが全面休止され終夜放送を行った[2]。

翌9月12日の午前6時25分、世界貿易センターの第7ビルが崩壊した。8時30分ごろ、日本人の大学生1人がユナイテッド航空93便に搭乗していたと報道された。9時30分からブッシュ大統領がホワイトハウスで行った演説が中継され、10時20分から小泉首相、福田官房長官が首相官邸で記者会見を開始した。午後1時50分ごろ、1機目激突の瞬間を撮影したフランス人カメラマンの映像が放送された。こうしてこの日もほとんどテロ事件関連ニュース一色となった。夜のゴールデンタイム枠ではお笑い・バラエティ番組が休止され、特別番組が放送(TBSのナイター中継は通常時間より1時間短縮放送し、特別番組を放送)された。

テレビでは事件から1週間ほどは通常番組を削って特別報道番組を組む放送局もあった。また、ビルが破壊されるシーンのあるパニック映画が自粛されるなど影響が出た。新聞各紙も大見出しで事件を伝え、号外も発行された。多くの週刊誌も大きく事件を伝えた。
[PR]
by jnksystem | 2009-10-14 20:17 | Recommended
line

Special occasion - a sence of occasion -


by jnksystem
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31